閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年9月24日 シドニー 栗原政臣

PNG:Ok Tedi銅・金鉱山、PNG政府の100%所有へ

 2013年9月18日付地元紙等によると、Peter O’Neill首相のもと、PNG政府は同国の輸出額の80%を占めるWestern州Ok Tedi銅・金鉱山についての法案を通過させた。Ok Tedi鉱山はBHP Billiton(以下、BHP)から権益を移譲された PNG Sustainable Development Program Ltd.(以下、PNGSDP)が権益63%を保有していたが、これによりPNG政府が100%所有となった。無効となったPNGSDPの権益分に対して何らかの補償はなされる予定だが詳細は決まっていない。BHPは、2001年にPNGSDPトラストを設立、1990年代の鉱山操業に因る環境被害に対する免責と引換えに、鉱山の権益を移譲していた。しかし、今回BHPの免責を取り消す法案も同時に通過しており、将来的に環境被害に対する訴訟に発展する可能性もある。

ページトップへ