閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年9月24日 サンティアゴ 山本邦仁

ブラジル:Rousseff大統領、新鉱業法案の「緊急審議」を撤回

 メディア報道によると、現在下院において審議が進んでいる新鉱業法案について、「緊急審議」としての取扱いがRousseffブラジル大統領により撤回されたと官報公告された模様。7月18日に大統領とLobão鉱山動力大臣により上程された法案は、「緊急審議」におかれることで90日間の上院及び下院での承認期限が設定されていたが、本撤回により同期間内での承認に向けた難題が生じたことを、政府当局者が認めたとも報じられている。しかしながら、この撤回に関わらず、10月15日までの特別委員会での表決にむけて、下院は迅速に意思決定をする可能性があるとの観測もある。

ページトップへ