閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年9月27日 ロンドン 北野由佳

欧州: Alcoa、欧州のアルミ圧延施設3か所を売却する可能性

 2013年9月25日付のメディア報道によると、米Alcoaは、同社がスペインのAlicanteとAmorebieta、そしてフランスのCastelsarrasinに有する3か所のアルミ圧延施設を売却する可能性がある。同社はこれらのアルミ圧延施設の成長の機会と株主価値について、戦略的な見直し作業を行う予定であり、その結果次第では同施設の売却につながる可能性がある。なお、同社は低迷するアルミニウムの国際価格に対応するため、2013年5月からの15か月間で計46万tの製錬能力削減を目標として掲げており、各国でアルミニウム製錬所の閉鎖や縮小が行われている。

ページトップへ