閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年9月30日 モスクワ 木原栄治

ロシア:Norilsk Nickel社、BHP Billiton、Rio TintoとMaslovskoe鉱床共同開発に向け交渉

 2013年9月16日付け地元報道によると、Norilsk Nickel社は、ノリリスク工業地区のMaslovskoeプラチナ・銅・ニッケル鉱床の共同開発に向けBHP Billiton、Rio Tintoと交渉を行っている。現在、同社はMaslovskoe鉱床のライセンスの申請を行っているところであり、同鉱床の埋蔵量は、ニッケル72万8,000 t、銅112万2,000 t、コバルト3万4,000 t、パラジウム3万5,462 oz、プラチナ1,247万5,000 oz、金131万8,000 ozとされている。2020年代に採掘のピークを迎え、約100万oz(31 t)の白金族金属生産が見込まれている。

ページトップへ