閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル
2013年9月30日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:錫業界、錫輸出規制緩和を政府に要望

 2013年9月25日付け地元紙報道によれば、インドネシア錫産業協会(Association of Indonesia Tin Industry:AITI)は、錫を輸出する際に国内取引所での取引を義務化した規制を緩和するよう政府に求めた。同規制は商業大臣令により8月末から施行されているが、同協会メンバーであるSuwito Gunawan氏によれば、規制の施行が早過ぎたため、準備不足が否めず、インドネシア商品先物取引所(ICDX)が運営する政府指定の錫取引所でのバイヤーは1~2社のみ、取引量も数十t単位と低迷しているなど、取引所自体の環境が整っていない現状を指摘。そのため十分な取引が不可能であるとし、協会メンバーの大部分はここ2週間ほど生産操業を停止している状況となっており、このまま規制が緩和されず、この状況が長引けば、錫業界各社とも従業員の解雇に踏み切らなければならないとしている。このため、協会では指定取引所以外での取引も認めるよう政府に求めている。

ページトップへ