閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年10月1日 シドニー 栗原政臣

豪:WA州Tropicana金鉱山、最初の金を生産

 2013年9月26日、AngloGold Ashanti Ltd.(本社:南アJohannesburg、以下AngloGold社)とIndependence Group NL(本社:豪Perth、以下Independence社)は、WA州Toropicana金鉱山(AngloGold社70%、Independence社30%)から予定より早く金の生産を開始したと発表した。Toropicana金鉱山はWA州Kalgoorlieの北東約330 kmに位置しており、2001年のIndependence社による鉱区取得以降、2002年にAngloGold社が参入し2005年にTropicana鉱床を発見、2010年に開発が決定し2012年7月にHavana Starter Pitからの採掘が開始されていた。プロジェクトの資本支出は820~845百万A$と予定されており、当初3年間はキャッシュコスト590~630 A$/ozで年間470,000~490,000 oz(14.6~15.2 t)の金を生産する予定。鉱物資源量118百万t、品位Au 2.08 g/t(金量7.89百万oz(245.4 t))、鉱石埋蔵量57.1百万t、品位Au 2.12 g/t(金量3.90百万oz(121.3 t))を計上している。現在、10年間の操業を予定しており、操業期間を通した平均年間生産量は330,000~350,000 oz(10.3~10.9 t)、キャッシュコストは710~730 A$/ozと予測されている。AngloGold社Srinivasan Venkatakrishnann CEOは、今後3か月でフル操業に相当する5.5百万t/年の鉱石処理量を達成し、さらにプラント近傍に新たな鉱床を発見することに注力すると述べている。

ページトップへ