閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アンチモン レアメタル
2013年10月7日 モスクワ 木原栄治

ロシア:スヴェルドロフスク州におけるアンチモン製造工場建設

 2013年9月26日付け地元報道によると、スヴェルドロフスク州政府議長デニス・パスレル氏が同州のデグチャルスク市を訪れ、National antimony company社の金属アンチモン製造工場建設プロジェクト問題について討議した。同社のアレクサンドル・ラーピン社長がプロジェクトの経済性・環境・技術について説明したが、土地法違反で同社を告発している社会活動家は説明に納得していない模様である。レヴダ市検事アレクセイ・チトフ氏及びスヴェルドロフスク州地域間検察局のラリーサ・ラーリナ検事によると、同社のプロジェクトに関連して多数の告発が寄せられており、全て調査したが違反は立証されなかったとのことである。パスレル議長は社会活動家による告発状を再調査し、検察の結論を告発人、天然資源環境省、市役所、市議会に提出するよう検察に要請した。

 同社のプロジェクトでは、焙焼、溶融還元、粗アンチモン精錬、三酸化アンチモン製造、電解精錬による含金スライム及び高純度アンチモン回収の工場が建設される予定であり、ヤクーチア産の金アンチモン精鉱が原料として利用される予定である。

ページトップへ