閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年10月7日 ロンドン 小嶋吉広

ポルトガル:ILZSGによる鉛需給予測、2014年は供給不足に転じる見込み

 2013年10月2~3日、リスボンで国際鉛・亜鉛研究会(ILZSG)の秋季会合が開催され、同研究会により発表された2013年の鉛の需給推計と2014年予測は以下のとおり。

 2013年の鉛地金需要は、対前年比5.0%増の11,000千tと見込まれる。中国では、自動車及び電動自転車(e-bike)の増産や携帯電話関連の需要拡大により、鉛地金消費量は2013年、2014年ともに同7.4%増となる見込みである。また米国では、旺盛な鉛蓄電池需要を背景に、2013年は同7.6%の成長が見込まれるものの、2014年は軟化し1.5%の微増にとどまると予想される。

 2013年及び2014年の鉱石生産量は、豪州等での生産拡大によりそれぞれ5,550千t(対前年比5.7%増)、5,780千t(同4.2%増)と見込まれる。

 地金生産に関しては、Glencore XstrataのPorto Vesme製錬所(伊)が本年2月に生産を再開し、また主要生産国(豪、ベルギー、印、カザフ、ペルー等)での生産が拡大することを受け、2013年は11,020千t(対前年比4.7%増)、2014年は11,480千t(同4.2%増)と堅調に推移する見込みである。

 需給バランスを見ると2013年は22千tの供給過剰が見込まれるが、2014年は23千tの供給不足に転じる予想である。

ページトップへ