閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年10月11日 北京 篠田邦彦

中国:西部鉱業、ボーキサイト鉱山など27億元相当の資産を出資金として青海省投資集団に資本参加

 安泰科によれば、西部鉱業は、傘下にある非鉄金属の主要業務と関連度の低い石炭発電、ボーキサイト鉱山、炭素資産を出資金として、青海省投資集団有限公司(以下青海省投資集団と略称する)に資本参加すると公告を発表した。

 公告によると、西部鉱業は傘下の子会社である百河アルミ業、西海石炭発電の100%の権益、西部炭素の51%の権益及び唐湖電力の全資産を26.52億元(424百万US$)に換算し、3.14億元(50百万US$)の現金と共に、合計29.66億元(474百万US$)を出資する。その増資の後、青海省投資集団の登記資本の35.89%を所有することになる。取引完了後、西部鉱業は青海省投資集団の第2株主となる。ちなみに、青海投資集団は、第1株主の青海国有資産監督管理委員会の傘下の大規模な国有企業である。

ページトップへ