閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年10月11日 北京 篠田邦彦

中国:中色株式、年産7,000 tのレアアース製錬プロジェクトを推進へ

 安泰科によれば、中色株式の持株企業である中色南方レアアース(新豊)有限公司(以下、中色南方レアアース)は、広東省韶関市新豊県政府と新豊県レアアース資源協力開発経営協定を締結し、両者は共同出資によりレアアース鉱業企業を設立する。新豊県来石等国家が既にレアアース埋蔵量を確定した鉱区に対するレアアース資源採掘許可証の申請手続きを行い、レアアース鉱山の開発及び経営に専門的に従事する。

 新規設立する企業は中色南方レアアース(新豊)鉱業有限公司(暫定名)、登録資本金は1,000万元(160万US$)で、そのうち中色南方レアアースが670万元(107万US$)を出資し、同合弁企業の67%の権益を保有する。また新豊県政府が指定した法人企業が330万元(53万US$)を出資し、同合弁企業の33%の権益を所有する。

 責任の役割分担に従い、中色南方レアアースは主に合弁企業の設立推進に責任を負い、レアアース採掘権許可証の申請のための前期準備作業を行う。年産7,000 tのレアアース分離プロジェクトの建設を加速し、レアアース企業の採掘権の申請受領のため良好な基礎と条件を提供する。

 上述の協力協定に基づき、同プロジェクトは2013年末に正式に建設を開始し、中色株式は同プロジェクトに13億元(208百万US$)を投資し、稼動後には年間生産額は23億元(368百万US$)に達する見込み。

ページトップへ