閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年10月14日 ロンドン 小嶋吉広

ケニア:監査の結果、不適切なライセンス発給が発覚

 2013年10月5日付けメディア報道によれば、ケニア政府は現在、本年1月~5月までに発給されたライセンスの監査を行っているところであるが、この度発表された中間報告によれば、対象となった43ライセンスのうち15件について手続き上の瑕疵が見つかった。瑕疵が指摘されたケースとしては、排他的探査権申請に当たっては非排他的探査権の保有が要件であるところ、非排他的探査権を保有していない会社に対し排他的探査権が発給されたケースや、法人登記が未登録の会社に対するライセンス発給等があったとのこと。

 本監査に係る最終報告は今年中に発表される予定であるが、Balala鉱業省長官は、2003年~2012年までに発給されたライセンスに対しても今後監査を行いたいとコメントしている。

ページトップへ