閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年10月14日 ロンドン 小嶋吉広

DRコンゴ:国営Gecamines、資金調達に向け既存のJV契約見直しを示唆

 2013年10月8日付けメディア報道によれば、国営鉱山公社Gecaminesは現在、操業鉱山に係るJV契約の見直しを行っており、見直しの結果、Gecaminesが不利な内容となっているJV契約については、JVパートナーに対し改善措置を要求する構えであることをAlbert Yuma会長が明らかにした。改善措置を要求する企業名は具体的には明らかにしていないが、Glencore XstrataやFreeport McMoRan等とGecaminesは現在JVを組んでいる。

 内戦前は世界屈指の銅生産者(1986年の銅生産量は476千t)であったGecaminesは、現在深刻な資金不足に陥っており、10億US$の債務を抱えるほか、旧式機材の入れ替えのために20億US$、また電力不足による自家発電設備建設費として7.5億US$を調達する必要があると言われている。

ページトップへ