閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
パラジウム レアメタル
2013年10月15日 モスクワ 木原栄治

ロシア:2014年の国家備蓄パラジウム売却はゼロに

 2013年10月5日付け地元報道によると、2014年はロシア国家備蓄からのパラジウム売却が行われない予定である。

 ロシア国家貴金属・宝石備蓄機関(ゴフラン)のパラジウム在庫減少により、国家備蓄からのパラジウム売却量は2011年の80万ozから、2012年は25万oz(7.78 t)と減少しており、2013年は10万oz(3.1 t)にまで減少する予定である。

 2011年のパラジウム国際市場は96万ozの供給過剰であったが、2012年には140万ozの供給不足に転じた。パラジウム供給不足は2013~2015年は90万ozレベルとなり、2016年には122万ozに拡大する可能性がある。

 ロシアはパラジウム供給で世界一(41%)であり、以下、南ア(35%)、北米(16%)、ジンバブエ(4%)と続いている。このため、ロシア国家備蓄からのパラジウム売却量減少は国際市場に多大な影響を与えており、2012年の世界のパラジウム供給量は11%減の203.6 tと2002年以来の低水準で、Norilsk Nickel社による供給量は81.8 t(前年比3%減)、ゴフランからの供給量は7.8 t(前年の3分の1)であった。また南アからの供給もストライキ等により9%減少し、72.5 tであった。

ページトップへ