閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2013年10月22日 北京 篠田邦彦

中国:中国の再生非鉄金属産業が急成長

 安泰科によれば、中国非鉄金属工業協会再生金属部会は北京で2013年第1~3四半期の再生非鉄金属産業の運営状況を報告した。

 21世紀に入り、中国の再生非鉄金属産業は持続的に急成長し、2012年の主要再生非鉄金属の生産量は1,000万tを突破し、中国非鉄金属産業にとって重要な構成部分となった。

 統計によると、2013年第1~3四半期の中国再生非鉄金属(銅・アルミ・鉛・亜鉛)の総生産量は722万tで、前年同期比5.1%減少した。そのうち再生銅の生産180万t(前年同期比12.2%減)、再生アルミニウム350万t(前年同期比3%減)、再生鉛の生産110万t(前年同期比4.8%増)、再生亜鉛の生産82万t(前年同期比8.9%減)となっている。

 2013年1~8月、中国国内の銅・アルミニウム・亜鉛スクラップの輸入総量は439.4万t、輸入額114.1億US$である。その内訳は、銅スクラップ輸入量279万t(前年同期比9.7%減)、輸入額は88.9億US$(前年同期比8%減)、アルミニウムスクラップの輸入量は158万t(前年同期比7.6%減)、輸入額は24.8億US$(前年同期比12.9%減)、亜鉛スクラップの輸入量2.4万t(前年同期比9.1%増)、輸入額4,100万US$(前年同期比5.1%増)となっている。

ページトップへ