閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年10月23日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:El Morro金-銅プロジェクトの環境認可、再承認

 加Goldcorpは2013年10月24日付2013年Q3決算報告の中で、El Morro金-銅プロジェクト(チリ第Ⅲ州)の環境認可が再承認されたと発表した。同プロジェクトの環境認可は2012年4月から、最高裁判所の裁定によって環境影響評価書(EIA)中の先住民族との協議部分が完全に修正されるまで一時取り消しとされていた。10月22日、第Ⅲ州環境評価委員会は環境省環境評価局から提出されたレポートを審査、全会一致でEl Morroプロジェクトの環境認可再承認を決定した。今後、Goldcorpはコミュニティとの話し合い、プロジェクトの経済性の最適化、電力の長期確保手段の検討を継続するとしている。

 El Morro金-銅プロジェクトはGoldcorpと加New GoldのJVで、それぞれの権益比率は70%及び30%。El Morro鉱床の埋蔵量及び資源量は14.4億t、平均金品位0.34 g/t、平均銅品位0.41%で、最新のFSではマインライフ17年間において金及び銅を年間でそれぞれ約9.3 t及び約12.9万t生産する計画となっている。

ページトップへ