閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年10月25日 北京 篠田邦彦

中国:鷹潭銅現物取引センターが正式に運営開始

 安泰科によれば、鷹潭銅産業弁公室からの情報によると、鷹潭銅現物取引センターは、5ヵ月間の試行を経て、2013年10月22日より鷹潭国家ハイテク技術産業開発区で正式に開設され、運営を開始した。鷹潭銅現物取引センターは、江西省で唯一電子取引を導入した銅現物取引プラットフォームである。同プラットフォームは、上海有色金属現物電子取引センターに依託し、上海先物市場と共に先物・現物間の相乗効果を実現する。その最大の優位性は、鷹潭市の地元の銅生産企業が原材料の供給企業とリンクすることによって現地で柔軟な銅現物取引、受け渡しを実施することができる。企業の調達取引時間を大幅に短縮し、調達コストを下げる。

ページトップへ