閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2013年10月28日 ロンドン 小嶋吉広

モザンビーク:Tete鉄鉱石プロジェクトに係る電力調査を電力公社と共同実施

 Baobab Resources Plc.の2013年10月11日付け及び24日付けニュースリリースによれば、Tete州にて現在F/S中のTete鉄鉱石採鉱・銑鉄プロジェクトに関し、操業に必要な電力供給に係る調査をモザンビーク電力公社(EDM)と共同で行うことを発表した。調査は電源や電力供給体制の検討の他、料金水準の設定等に関し行われ、調査結果は現在実施中のバンカブルF/Sの判断材料の一つとなる。

 また同社は、本プロジェクト推進のため750,000 £の追加出資をAfrican Minerals Exploration & Development社(AMED)より受け入れ、これによりAMEDはBaobabの株式26.8%を取得した。AMEDは今後、37.85%まで株式を取得出来るオプションを保有している。

ページトップへ