閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年11月1日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ・アルゼンチン:加Barrick Gold、Pascua Lama金-銀プロジェクトの一時的な建設中断を発表

 加Barrick Goldは2013年10月31日付け2013年Q3決算報告の中で、環境保護及び法令遵守のために求められている作業を除き、Pascua Lama金-銀プロジェクトの建設作業を一時的に中断することを決定したと発表した。この建設中断により、Barrick Goldの2014年資本コストは最大10億US$減ることになるという。この決定に関し、Jaime Sokalsky CEOは「プロジェクトの中断が最も堅実な方法であると我々は判断したが、現在の課題が解消されれば建設を再開・完了するオプションは当然維持していく」と述べた。

 Pascua Lama金-銀プロジェクトはチリ・アルゼンチン国境に跨る2国間開発プロジェクトで、環境認可の遵守や先住民族グループからの水の汚染や氷河損傷を巡る訴訟によって、チリ側の建設作業が中断させられていた。

ページトップへ