閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年11月4日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Minera Frisco社、2013年第3四半期の業績及び生産量を発表

 2013年10月25日付け業界紙等によると、Minera Frisco社は、2013年第3四半期の業績及び生産量を下表のとおり発表した。

 同社は、第3四半期のトピックスとして本年7月にConcheño金・銀プロジェクトの生産を開始したことを挙げており、現在同プロジェクトは5,000t/日の処理量で操業しているが、本年末には処理能力が100%となる見通しを示している。

 また、同社によると、設備投資額を削減するため、Zacatecas州に保有するTayahua銅鉱山の拡張計画の縮小も検討しており、これが実現すると2014年における同社の設備投資に係る支出が大幅に削減できる見通しである。

  2013年第3四半期 2012年第3四半期 前年同期比(%)
売上高(百万US$) 188 145 +30
営業利益(百万US$) 19 36 -46
EBITDA(百万US$) 58 55 +5
当期純利益(百万US$) 16 89 -82
金(㎏) 1,846 1,278 +44
銀(㎏) 57,605 33,126 +74
銅(t) 7,176 5,845 +23
鉛(t) 4,806 4,769 +1
亜鉛(t) 15,792 14,352 +10
ページトップへ