閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年11月4日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:メキシコ議会上院、鉱業税制改正を含めた政府税制改正法案を採決

 2013年10月30日付け業界紙等によると、29日夜にメキシコ議会上院は、EBITDAに対する7.5%課税等鉱業税制改正を含む政府税制改正法案の一部を採決し、賛成73票、反対50票により、鉱業に関する7.5%課税及び貴金属(金、銀及びプラチナ)の生産に関する0.5%課税の創設や、一般税制改正として所得税(IRS)、付加価値税(IVA)等の改正に関する一部法案が可決し、残り税制項目は30日に採決される見通しとなった。

 今後政府税制改正案の全ての項目が同議会で承認された後、Peña Nieto大統領による公布をもって施行される。

ページトップへ