閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年11月4日 北京 篠田邦彦

中国:2013年第1~3四半期、中国鉱山企業の海外投資額は、前年同期比10.9%減少

 安泰科によれば、中国鉱業連合会によると、2013年第1~3四半期中の中国企業の海外鉱業への投資プロジェクト受理数は前年同期比8.0%減の103件であった。また、国際鉱業情勢の影響を受け、海外投資額は31.36億US$で、前年同期比10.9%減少した。そのうち、合併買収の金額は11.24億US$、探査への投資額は3.80億US$、鉱山建設への投資額は14.80億US$である。

 合計101社の企業で、主に南ア、カナダ、北アジア、中南米に集中し、主な投資鉱種は、銅、石炭、金、鉄鉱石である。

 投資額は、銅7.4億US$(プロジェクト14件)、石炭6.93億US$(プロジェクト8件)、金7.17億US$(プロジェクト28件)、鉄4.29億US$(プロジェクト16件)、他の鉱種5.57億US$(プロジェクト37件)である。

ページトップへ