閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年11月5日 シドニー 栗原政臣

PNG:Glencore Xstrata、Frieda Riverプロジェクを売却

 2013年10月31日、Glencore Xstrataは同社子会社が81.82%の株式を保有するパプアニューギニアのFrieda River銅・金プロジェクトに関し、その全株式をPanAust社(本社:QLD州ブリスベン)に売却するSSA(share sale agreement)に署名したことを発表した。SSAは2014年9月30日までに必要な規制認可を受ける条件を含んでいる(両社合意に従い、必要に応じて延長可能)。取引総額は1億2,500万US$で、まず7,500万US$が2回に分割されて支払われ(取引完了時に2,500万US$、2015年12月31日に5,000万US$)、残る5,000万US$はFrieda Riverが開発された後、PanAust社権益分のNet Smelter Return 2%として受領する。

ページトップへ