閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年11月11日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:メキシコ議会上院、新鉱業税によるジュニア鉱業企業への影響は軽微と報告

 2013年11月4日付け業界紙等によると、メキシコ議会上院は、本年10月末に同議会で承認された税制改革の一環として新たに創設された鉱業特別税等がジュニア鉱業企業へ与える影響は軽微である旨を報告した。

 また、同上院の報告によると、鉱業特別税によるEBITDAに対する7.5%課税は、年間の鉱物による売上高が50百万ペソ(3.85百万US$)を超過しない鉱業企業に対しては適用されない。

ページトップへ