閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年11月13日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:CODELCO、Ministro Hales事業所のフル操業は2014年Q1に

 CODELCOは、Ministro Hales新事業所(チリ第Ⅱ州)の試験操業を開始、フル操業は2014年Q1中を見込んでいると2013年11月12日付同社プレスリリースで明らかにした。Ministro Hales事業所の2013年産銅量は30,000 tを予定しており、採掘した鉱石はChuquicamata事業所で処理される。

 Ministro Hales事業所のフル操業時産銅量は185,000 t/年が見込まれ、Chuquicamata事業所やSalvador事業所の生産減を補うことが期待されている。

 なお、Ministro Hales事業所の生産開始により、CODELCOの産銀量は年300 t増加するとされ、同社の産銀量が世界のトップ10に入る見込みである。

ページトップへ