閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年11月25日 ロンドン 北野由佳

ガーナ:超過利潤税の導入を計画

 ガーナのSeth Terkper財務大臣は2013年11月19日、国会で2014年度の財政演説を行い、鉱山会社に対する超過利潤税(windfall tax)の導入を計画していることを明らかにした。同国の財政赤字は2013年度にはGDPの10.2%となると予想されており、政府はこれを2014年度には8.5%にまで削減することを目標としている。財政赤字縮小のための手段の一つとして、超過利潤税の導入による歳入の増加が検討されている。

 同国の財務省は2012年にも鉱山会社に対する10%の超過利潤税導入に関する法案を国会に提出したが、国会で否決された。Terkper大臣によると、同省はすでに委員会を設置して2012年の法案の見直しを行っており、全ての利害関係者との協議を終えた後、超過利潤税導入に関する法案を国会に再提出する予定である。

ページトップへ