閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年11月25日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:PT Bintang、南東スラウェシでNPI製錬所建設

 2013年11月21日付け地元紙報道によれば、PT Bintang Smelter Indonesia社はインドネシア南東スラウェシKonaweで年産規模10万tのNPI(Nickel Pig Iron)製錬所を建設する。投資額は1億US$で、PT Bintang Smelter Indonesia社にはインドネシア企業3社と中国企業1社が出資し、インドネシア企業はPT Ifishdeco社、PT Finnaグループ、PT Tekindoグループの3社、中国からはPan China グループが参画する。今年12月に建設に着手し、2015年末までの操業開始を予定している。PT Ifishdeco社、PT Tekindoグループ、中国Pan China グループの3社はニッケル鉱山を所有し、3社合計で3千万~4千万tの鉱石埋蔵量が確認されており、これを同製錬所に供給する予定。

ページトップへ