閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル マンガン
2013年11月26日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:裁判所の環境認可差し止め裁定により、マンガン開発プロジェクトがストップ

 メディア報道によると、チリ第XV州の上訴裁判所は、先住民・環境団体・市民団体グループが差し止めを求めていた豪Southern Hemisphere Mining社のLos Pumasマンガンプロジェクト(チリ第XV州)の環境認可に対し、請求を認める裁定を下した。同プロジェクトの環境認可は、2013年8月に承認されたばかりであった。裁定は、承認された環境認可が廃滓ダムとLauca国立公園との距離に関する部分で現行基準に違反していることを認めた。また、ILO第169号条約で要求される事前の先住民との協議が行われていないことも認定した。

 Los Pumasマンガンプロジェクトは、3つのオープンピットと粗鉱処理能力260万t/年、マンガン精鉱生産能力40万t/年の鉱石処理プラントを建設するもので、開発投資額は1億US$とされる。

ページトップへ