閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年11月26日 北京 篠田邦彦

中国:中国アルミ国際、恒通実業の46%の権益を売却

 安泰科によれば、中国アルミ業傘下の中国アルミ国際が発表した公告によると、傘下の中国有色金属工業第6冶金建設有限公司(以下六冶と略称する)は、6.81億元の最低価格で深圳市恒通実業発展有限公司の46%の権益を売却する。

 公告によると、上述の取引は上海聯合財産権取引所で行う。恒通公司は、1982年に設立し、主に倉庫保管や倉庫の賃貸、貨物、技術の輸出入業務、貨物運送代行、所有不動産の賃貸、不動産管理、国内ビジネス、物資の供給販売事業を実施している。2013年11月25日まで、六冶は恒通実業の46%の権益を保有し、残りの54%は、深圳市都市建設開発(集団)公司が保有する。

ページトップへ