閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年12月2日 バンクーバー 山路法宏

加:Taseko社、New Prosperity銅・金プロジェクトの環境許認可に関して司法審査を申請

 Taseco Mine(以下、Taseco社)は、2013年10月31日に連邦環境評価局の審査パネルが環境大臣宛に提出したNew Prosperity銅・金プロジェクトに関する評価報告書に対して、連邦による司法審査の申請を開始したと発表した。

 同プロジェクトについては、2010年に一度連邦政府の環境許認可申請が却下され、環境影響を低減させた計画で再提案されていたが、今回の報告書でも環境に深刻な影響があると結論付けられていた。それに対してTaseco社は、尾鉱貯蔵設備の一部となるライナーの役割が理解できなかったために、カナダ天然資源省及び審査パネルが誤ったプロジェクト設計を基にして水が地表に浸み込むと判断する根本的な過ちを犯したと主張している。

 Taseco社は、カナダ環境影響評価庁(CEAA)からのいくつかの質問に対して、11月8日及び15日にそれぞれ環境大臣及びCEAAに提出した回答文書が公表されていないとして、公平かつ客観的な評価プロセスを求めていた。

ページトップへ