閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年12月3日 バンクーバー 山路法宏

加:PotashCorp社、北米及びトリニダード・トバゴで18%の人員削減を行うと発表

 2013年12月3日、加PotashCorp社は、成長が見込まれる市場と思われた肥料の需要が期待されたほど伸びず、カリウム及びリンなどのビジネス環境が悪化したことから、市況への対応、世界的な競争力強化のためのコスト削減及び将来の需要予測に合わせた操業の柔軟性の維持が必要であるとして、カナダ、米国及びトリニダード・トバゴにおける大幅な人員削減を行うことを発表した。

 具体的には、加サスカチュワン州で約440名、加ニューブランズウィック州で約130名、米フロリダ州で約350名、米ノースカロライナ州で約85名、他の米国内及びトリニダード・トバゴにおいて約40名の削減を行う予定である。

 Bill Doyle社長兼CEOは、この決定は容易なものではなく、その影響はわれわれの関係者だけでなくコミュニティにも波及するものであるが、PotashCorp社はこれにより影響を受ける人々を助けるために最大限努力するとコメントしている。

ページトップへ