閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年12月9日 メキシコ 縄田俊之

パナマ:加Petaquilla Minerals社、2014年にMolejon金鉱山の生産量を拡大

 2013年11月26日付け業界紙等によると、加Petaquilla Minerals社(本社:バンクーバー)は、パナマに保有するMolejon金鉱山において、2014年に新しいヒープリーチ操業により金生産量を拡大する旨を明らかにした。

 同社によると、2013年第3四半期の金生産量は前年同期の0.56 tと比べ49%減の0.29 tにまで落ち込んだが、この要因としては、2012年当時、加Inmet Mining社によるPetaquilla社買収失敗の際に発生した借入による資金調達が原因で、金生産に必要な機器購入ができなかったことによるものである。なお、同鉱山と接するCobre Panamá銅・金プロジェクトを保有するFirst Quantum Minerals社との協定に基づく資金援助により100百万US$を調達できたため、クラッシャー及びミルを購入した。

 なお、同社は、2014年上半期において、同鉱山における新しいヒープリーチ操業の開始、更なる粗鉱処理機器等の購入、First Quantum Minerals社の協力による粗鉱処理及び金抽出作業に関する確実なメンテナンスの実施等により黒字化を見込んでいる。

ページトップへ