閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年12月9日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:2013年1~9月の鉱業部門における外国直接投資額が前年同期比3倍増に

 2013年11月22日付け業界紙等によると、経済省は、2013年1~9月の鉱業部門における外国直接投資額が前年同期と比べ3倍増となる14.1億US$であった旨発表した。

 中央銀行の統計に基づく経済省の公表データによると、2013年1~9月のメキシコにおける外国直接投資額の総額は282億US$で、このうち鉱業部門における外国直接投資額は、金属市況下落により大多数の鉱業企業が投資及びコストを削減したにもかかわらず、前年同期の4.679億US$と比べ201.8%増の14.1億US$と総投資額の5%に相当するに至った。

 一方、国立統計地理情報院(INEGI)によると、2013年1~9月のメキシコ国内総生産(GDP)は前年同期と比べ1.3%増加したが、鉱業部門のGDPは1.8%減少した。

ページトップへ