閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年12月9日 バンクーバー 山路法宏

加:Canadian Zinc社、2つの多金属プロジェクトで更なる鉱脈を確認

 2013年12月9日及び11日、加Canadian Zinc Corporation(以下、Canadian Zinc社)は、同社が100%保有する北西準州Prairie Creekプロジェクト及びニューファンドランド・ラブラドル州South Tally Pondプロジェクトの2013年のボーリング結果を公表し、塊状硫化物鉱床等を捕捉したと発表した。

 Prairie Creekプロジェクトでは、着鉱幅5.1 mで平均品位が亜鉛13.2%、鉛8.0%、銀144 g/tなどのストックワーク状の鉱化帯や、地下60 m以浅で着鉱幅が0.7 mながら平均品位が亜鉛20.7%、鉛23.0%、銀268 g/tなど複数の鉱脈による層準規制型塊状硫化物鉱床を捕捉した。また、別のボーリング孔では深部でも鉱脈を捉えている。

 同じく塊状硫化物鉱床をターゲットとしたSouth Tally Pondプロジェクトでも、着鉱幅8.7 m、平均品位が亜鉛8.21%、鉛3.66%、銅0.72%、銀150 g/t、金3.24 g/tをはじめとして複数の高品位鉱脈を捕捉している。

ページトップへ