閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年12月12日 北京 篠田邦彦

中国:中国レアアーススクラップ回収企業の操業状況

 安泰科によれば、中国レアアース産業協会は、レアアースのスクラップ回収企業に対する調査研究を行った。調査結果では、国内で操業するレアアーススクラップ総合回収企業は合計56社で、その内訳は江西省39社、江蘇省4社、湖南省3社、内モンゴル自治区2社、山西省2社、河南省、山東省、広東省、浙江省、雲南省などそれぞれ1社である。

 協会の専門家によると、2011年以降、抜き打ちで審査認可を実施した企業は90%を占め、スクラップ処理能力は19.06万tである。その内訳をみると、ネオジム鉄ボロン系磁石、蛍光粉末、研磨剤のスクラップの処理能力はそれぞれ14.17万t、2.31万t、2.15万tである。2012年、国内のネオジム鉄ボロン系磁石企業の年間生産は8万tで、そのうちスクラップは30%の2.4万tである。蛍光粉末、研磨剤の生産量はそれほど多くない。全体から見ると、スクラップの量が十分でないため、これらレアアーススクラップ総合回収処理企業に提供できていない状況である。

ページトップへ