閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2013年12月13日 北京 篠田邦彦

中国:国内でフェロニッケル製錬所の環境保護のための合理化地域が次第に拡大

 安泰科によれば、現在、中国国家環境保護部が、内モンゴル地域のフェロニッケル製錬所に対し、環境保護のための改善を行い、検査に力を入れている。合理化する地域も次第に拡張し、主要なフェロニッケル生産地である内モンゴルの他に、河北省、江蘇省、山東省などの地域に及んでいる。

 内モンゴル地域のフェロニッケル製錬所の生産能力は国内の25%以上を占め、同地域では現在、環境保護のための合理化を実施している。内モンゴルフェロニッケル製錬所の話によると、現在の合理化地域は次第に拡大し、内モンゴルの烏蘭察布豊鎮及び察右発旗地域を重点地区として、検査に最も力を入れ、そのうち商都工業団地内のフェロニッケル製錬所は既に全部が生産を停止している。

 他の地域も合理化改善対象となり、山東省、江蘇省などの地域の製錬所も地方の環境保護局から合理化の要請を受けた。

 業界関係者の話によると、内モンゴル地域のフェロニッケル製錬所の稼働率はわずか30%~35%で、広大な地域で生産を停止している状態である。12月14日までに各地域の製錬所に対する検収作業を行い、今回の環境保護検査を通じて、競争力の弱い一部の企業を淘汰する。

ページトップへ