閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年12月16日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Fresnillo社が2013年の金生産量を再度下方修正

 2013年12月10日付け業界紙等によると、Fresnillo社は、同社の子会社であるMinera Penmont社がSonora州に保有するDipolas鉱山、Soledad鉱山、Herradura鉱山及びNoche Buena鉱山に係る火薬使用許可の一時停止措置の影響により、8月に下方修正した2013年の金生産量から更に8.4%減となる13.2 tへと再度下方修正を行った。なお、銀生産量は、当初計画どおり1,275 tを維持する。

 この背景として同社は、本年当初に年間の金生産量を15.2 tと計画していたが、農地問題担当高等裁判所が住民の訴えを認め、同社に対し共有地の返却を命じるとともに、国防省(SEDENA)に対しMinera Penmont社の火薬使用許可の一時停止を申請した影響により、8月に年間の金生産量を14.5 tへと下方修正した経緯を有する。

 なお、10月にNoche Buena鉱山における火薬使用許可の一時停止が解除になり、更に11月6日に裁判所がSoledad鉱山及びHerradura鉱山に関しても一時停止の解除を下した。実際には火薬使用許可を付与するSEDENAが当該裁判所からの解除指示を受け、行政手続きを行う予定となっていたが、現時点において一時停止解除には至っていない。

ページトップへ