閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年12月16日 ロンドン 竹下聡美

ザンビア:Konkola銅鉱山の人件費削減計画がザンビア政府から認められず

 現地報道によると、Vedanta Resources社は、自社が保有するザンビアで2番目の規模のKonkola銅鉱山について、銅価格低迷のため労働者のうち7%を削減するとして2013年11月に1,500名の労働者を解雇する計画を政府に提出していたが、実際に解雇されたのは同社のマネージャー一人だった。背景には、人件費削減の提案を同社から受けたザンビア政府が激怒し、Michael Sata大統領は同社の鉱業ライセンスをキャンセルするといった話があるとも伝えられている。

 コモディティ価格が低迷する中で、鉱山会社は操業コスト削減を強いられているが、今回のような件によりザンビアへの鉱業投資はより厳しくなるとアナリストは見ている。

ページトップへ