閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年12月17日 シドニー 栗原政臣

豪:連邦政府Abbot首相、Olympic Dam銅鉱山の拡張を信じる、と述べる

 2013年12月14日付地元紙によると、連邦政府Tony Abbot首相はBHP BillitonのOlympic Dam銅鉱山拡張計画延期に関して、ここ数ヶ月のうちに再検討されると信じていると述べた。このコメントは、2016年ゼネラルモータースの豪州における自動車製造停止によって影響を受けるSA州及びVIC州の労働者に対する可能性のある支援に関連して語られたもの。Abbot首相の楽観的な姿勢は、政府の進める主要プロジェクトに対する認可プロセスの簡素化に起因するもので、Abbot首相は認可システムの変更によってOlympic Dam鉱山拡張の検討に対しても大きな変化が生じるとしている。しかし、2012年8月の計画延期時の主な理由であったコモディティ価格の脆弱性に関しては考慮されていない。BHP BillitonのAndrew Mackenzie Chief Executiveは2013年9月、拡張計画の延期という決定は依然として変わらないものの、2013年内に投資家に対する情報を更新すると述べている。

ページトップへ