閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2013年12月18日 サンティアゴ 山本邦仁

ブラジル:Santa Ritaニッケル鉱山の2013年第3四半期ニッケル生産量は減少

 2013年11月17日、豪Mirabela Nickel社(Mirabela社)は中間財務報告書を公表した。報告書によると2013年第3四半期および2013年1~9月の生産実績状況は下表のとおりであり、ニッケル生産量は3,962 tと、前年同期の5,441 tから減少するなどした。キャッシュコストは6.19 US$/lbで、前年同期の5.37 US$/lbより増加した。なお、粗鉱処理量は1.75百万tであった。

 Mirabela社の唯一の操業鉱山はSanta Ritaニッケル鉱山(Baiha州)であり、生産されるニッケル-銅-コバルト精鉱は、Votorantim Metais社のFortaleza de Minas製錬所や、Norilsk NickelのHarjavalta精練所(フィンランド)へ出荷している。同社の2013年のニッケル生産目標量は当初、22,000~24,000 tであったが、最近、17,000~18,500 tに下方修正した。また、修正後の計画では初期投資額、探鉱投資額等は35~45百万US$であり、キャッシュコストについては5~6 US$/lbと予想していた。

  2013年
第3四半期
2012年
第3四半期
2013年
1~9月
2012年
1~9月
生産
金属量
(t)
ニッケル 3,962 5,441 12,193 13,962
1,137 1,704 3,431 4,351
コバルト 71 96 214 244
品位
(%)
ニッケル 0.43 0.52 0.46 0.50
0.09 0.13 0.10 0.13
コバルト 0.01 0.01 0.02 0.01
実収率
(%)
ニッケル 53 59 53 58
71 75 69 72
コバルト 27 36 28 35
ページトップへ