閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル ニッケル
2013年12月18日 北京 篠田邦彦

中国:国家備蓄局、2014年に銅・ニッケルを大量に買い付ける計画

 国家備蓄局は、国有企業を通じて2014年に銅30万t及びニッケル10~15万tを買い上げる計画。今回の買上げ量は、LME銅在庫の2/3及びニッケル在庫の半分に相当し、世界の銅とニッケル価格は上昇する見込み。買上げ計画の詳細については不明。今月初め、国家備蓄局はこれら2種類の金属の世界の供給状況及び関連価格を確認した。

 アナリストの分析によると、2014年、LME銅価格は、7,050 US$/t、ニッケル価格は15.367.50 US$/tになる予想。もしLME銅価格が、6,800 US$/tを下回る場合、国家備蓄局は購入を開始する見込で、もし6,600 US$/tを下回る場合は、大量に購入する可能性がある。最終目的は、2015年末までに中国国内の銅備蓄量を200万t確保することで、現在の銅の備蓄量は150万t~180万tである。

 関係者の話によると、国家備蓄局は、2012年にニッケル5万tを購入し、2013年には6万t~8万tを購入した。

ページトップへ