閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年12月19日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:CODELCO、Ministro Hales事業所周辺探鉱の環境影響宣言書を提出

 チリ環境評価局のHPによると、2013年12月13日、CODELCOはMinistro Hales事業所(チリ第Ⅱ州)の周辺探鉱に関する環境影響宣言書(DIA : Declaración de Impacto Ambiental)を提出した。計画投資額は3,626万US$。新たな探鉱試錐158孔が計画されており、北地区に67孔、南地区に91孔が配される。CODELCOは、環境認可取得予定の2014年Q2以降から6年をかけて探鉱を行う予定としている。Ministro Hales事業所は、CODELCO 8番目の事業所で最も新しい。2013年8月に剥土を終え、フル操業は2014年Q1に予定している。当初5年の計画産銅量は20万t/年。

ページトップへ