閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年12月19日 サンティアゴ 縫部保徳

アルゼンチン:Barrick Gold社、Pascua Lama金-銀プロジェクトのアルゼンチン側労働者1,500名を一時解雇

 地元紙報道等によると、加Barrick Gold社はPascua Lama金-銀プロジェクト(チリ第Ⅲ州・アルゼンチンSan Juan州)で雇用しているアルゼンチン側労働者のうち、約1,500名を一時解雇する方向である。一時解雇される労働者は外国人またはSan Juan州外からの労働者。一方で、土木・給水・一般インフラの保全・環境モニタリングなどに従事する3,500名の雇用は少なくとも2014年4月まで維持される見込み。この一時解雇は、チリ側において法的問題が相次いで生じた後、Barrick Gold社が決定した建設中断に関する措置の一環。

 Barrick Gold社は、同じくアルゼンチンSan Juan州に保有するVeradero金鉱山への4.5億US$の投資を約束している。

ページトップへ