閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年12月20日 ロンドン 森田健太郎

米:LME、大銀行等を相手取った訴訟はニューヨークで統合審理

 2013年12月18日付の現地報道によると、共謀してアルミニウムの供給を制限しその価格及びプレミアムを上昇させているとして、ロンドン金属取引所(LME)、大銀行及び倉庫会社を相手取って起こされている多くの訴訟が、ニューヨークの連邦裁判所でまとめて審理されることになった。これまで各訴訟を統合することは同意されていたが、カリフォルニア、フロリダ、ルイジアナ及びミシガンのどの連邦裁判所で審理すべきか意見が分かれていた。米国複数地域訴訟司法パネルが「ニューヨークで統合することが関係者への利便性、訴訟の効率的な進展に寄与する」と伝えた。

ページトップへ