閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年12月20日 ロンドン 北野由佳

モザンビーク:政府、新規鉱山プロジェクトにおける政府及び国内企業の権益拡大を検討

 2013年12月18日付のメディア各社の報道によると、モザンビーク政府は新規鉱山プロジェクトにおける政府及び国内企業の権益を拡大させる意向である。Abdul Razak Noormahomed鉱物資源副大臣によると、鉱山プロジェクトにおける国民の関与を促進するための新しい鉱業政策は既に内閣の承認を得ている。Abdul副大臣は「新規鉱業契約における国営企業(flag companies)の権益を5%から25%へと拡大するだけでなく、特定品目に係る生産及び販売許可に関し、モザンビーク国内企業の参画促進が図られるよう、既に準備が進められている。」とコメントした。なお、新しい鉱業政策は国会の承認を得る必要があるが、具体的な時期は明らかになっていない。

ページトップへ