閉じる

ニュース・フラッシュ

2013年12月25日 北京 篠田邦彦

中国:中国アルミ業中州分公司、新たにボーキサイト資源205万tを獲得

 安泰科によれば、中国アルミ業中州分公司は、河南省国土資源庁から老郭家・蛮子営の探査権の譲渡に関する認可を正式に取得した。提出した鉱区の詳細調査報告に基づき、中国アルミ業中州分公司は、新たに205.26万tのボーキサイト資源を獲得した。

 老郭家・蛮子営ボーキサイト探査地域は、河南省平頂山市宝豊県に位置し、面積は8.47㎢である。2013年2月、中国アルミ業中州分公司は河南省政府に同鉱床の探査登録申請を提出していた。審査終了後、鉱業権評価額の算出、F/S調査報告書の提出作業などを終了した後、正式に同鉱床の探査権を取得することになる。

ページトップへ