閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2013年12月26日 ハノイ 五十嵐吉昭

ベトナム:Sin Quyen銅鉱山周辺の鉱害問題

 2013年12月26日付け地元紙によれば、北部ラオカイ省にあるSin Quyen銅鉱山の周辺住民が粉塵等の鉱害問題を訴えている。廃石場から50 mに住む家族は、鉱山からの粉塵や臭気、大雨の際の避難の苦労について訴え、鉱山周辺ではもはや農作物が栽培できないと不満を述べた。2006年の開山以来、100世帯以上が鉱山操業の影響を受けているが、移転先の土地は限られ、14世帯は既に3回もの移転を強いられているとされる。地元当局からのコメントは得られていないが、鉱山側は、鉱山周囲の汚染レベルは適切なレベルに管理されており、環境モニタリングも実施されていると反論した。同鉱山はベトナム国営石炭鉱物産業会社Vinacomin傘下のベトナム国営鉱物会社Vimicoが操業し、現在の年間粗鉱量110万tを250万tに拡張する計画。

ページトップへ