閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年1月8日 バンクーバー 山路法宏

加:Graphite One社、4.8 ㎞にわたる高品位のグラファイト鉱化を確認

 2014年1月8日、Graphite One Resources Inc.(以下、「Graphite One社」)は、2013年にGraphite Creekプロジェクトにおいて実施した10孔のボーリングの結果、29.55 m間のグラファイトの平均品位が5.01%、14.0 m間で同7.15%、4.0 m間で同10.82%等の鉱脈を捕捉するなど西部方向への鉱化の延長が確認され、これまでに発見していたものの2倍以上となる合計4.8 ㎞にわたる地表の高品位グラファイトの鉱化が確認されたと発表した。

 Graphite One社が2013年1月に発表したNI43-101基準に基づく技術レポートでは、グラファイト平均品位が4.61%で164.5百万tの予測鉱物資源量が報告されている。

ページトップへ