閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年1月10日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:COCHILCO、チリ銅鉱業の2021年地下水使用量を2013年比38%増と予測

 チリ銅委員会(COCHILCO)が2013年12月31日に公表したレポートによると、チリ銅鉱業の地下水需要は、現在計画されている海水淡水化及び海水直接利用のプロジェクトが全て実施された場合でも、2021年には2013年比38%増の18 ㎥/秒に達すると予想された。海水を利用するプロジェクトが全く実施されたなかった場合、この数字は27.7 ㎥/秒まで増加する。2013年のチリ銅鉱業の地下水需要は13 ㎥/秒である。2015年から2019年の間に計画されている鉱業向けの海水淡水化プロジェクト及び海水直接利用プロジェクトは10件あり、計画投資額は54.5億US$、合計供給量は5.4 ㎥/秒である。10件のプロジェクトの中には、既に着手されているSierra Gorda、Antucoya、Escondida(すべてチリ第Ⅱ州)が含まれるほか、FS中のプロジェクトが4件、プレFS中のプロジェクトが3件ある。

ページトップへ