閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年1月10日 シドニー 伊藤浩

豪:サイクロンChristine通過後の鉱山施設、港湾施設の再稼働状況

 2014年1月8日付け地元紙は、WA州Pilbara地方を通過したサイクロンChristineの影響により停止していた鉱山施設、港湾施設の再稼働状況を伝えている。報道によれば、BHP Billitonの広報担当官はPort Hedland港における港湾施設と鉄道施設の被害はわずかであり、これら施設と全ての鉱山施設は完全に稼働しているとコメント。また、Rio Tintoの広報担当官は内陸にある全ての鉱山は1月1日に生産を再開しており、港湾及び鉄道は同日、稼働再開のためのプロセスを開始したとコメント。Fortescue Metals Groupは12月31日にインフラ設備への被害はないと発表し、港湾及び鉄道はすべて稼働を再開したと発表。

ページトップへ