閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年1月13日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:鉱業労働者の賃金が平均6.3%上昇

 2013年12月30日付け業界紙等によると、2013年1月から10月までの労使間交渉の結果、労働組合に所属する鉱業労働者の賃金が平均6.3%上昇した。

 全産業の中で鉱業部門の賃金上昇率が一番高く、その他の部門で上昇率が高かった鉄道部門の5.7%、化学・薬品部門の5.1%を上回る結果となった。

 なお、労働組合に所属しない鉄鋼業及び金属加工業における平均賃金上昇率は4.9%であるほか、全産業における非労働組合員の平均賃金上昇率は4.3%と過去6年間で最低の上昇率であった。

ページトップへ